FC2ブログ
ブログパーツ
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪03月   2021年04月   05月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
IoT Express・その5
 こちらの続きです。
 Arduino IDEのCライク記述で、ESP32をWiFiに接続して、更にインターネット経由でLineに接続し、Line Notify機能でスマホにメッセージを送ることが出来ましたので、IoT Expressのハードには問題が無いことは分かりました。 と言う事で、機能的には動作したので問題はありませんが、今回の目的は、MicroPythonで動かすことですので、このままで終わることはできません。 前回のRasPiで動いたMicroPythonのコードを、ESP32上にインストールしてステップごとに動作を確認していきます。 Arduino IDEでもそうですが、適当なデバッグ手段を知らないので、ステップごとにprint命令を挿入して変数を表示したりして、動作の確認をしていきます。 まあ、この操作を入れていくと、コードの動作が良く分かります。 通常サンプルが簡単に動いてしまうと、細かいステップごとの動作には気持ちが入って行かないものなんですが、トラブってくれると、この操作で、動作内容が理解できていくという、ある意味、情けない状況ですね。

210405_iot_express_24.jpg

 ところが、今回の場合、print文を入れていくと動作がおかしくなります。 ハングアップしたような状態になります。 いろいろ試していたら、print文の間に少しディレイを入れると上手く動いているように見えます。 MicroPythonはコードをシーケンシャルに実行しているんじゃないかと思っていたのですが、ちょっと面喰いました。

210405_iot_express_25.jpg

 挿入したディレイをコメントアウトすると、動作がおかしくなって、ハングアップした様な状態になります。 うむ~、簡単に行けると思っていたのですがね。 結構、嵌っています。

210405_iot_express_26.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .