FC2ブログ
ブログパーツ
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪03月   2021年04月   05月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
IoT Express・その4
 こちらの続きです。 引き続き、IoT Expressを触っています。
 ESP32の機能を生かしたアプリを動かしたいのですが、ネットに転がっているサンプルを入れただけでは上手く動きません。 ESP32の事も、まだ、良く理解していないですし、統合ツールであるuPyCraftの操作も、時々訳が分からなくなってしまうときもあります。 動作が訳が分からなくなったときは、最初からMicroPythonのインストールし直しをすると、元に戻る様です。 そんなんで、前回、MicroPythonをインストールした手順もバッチファイルにしておきました。 これで、MicroPythonのインストールも、イライラせずに、簡単にやり直すことができます。

 さて、そんなんで、目的とするアプリは、デジタル百葉箱の観測データを取り込んで、Lineに通知するというものにしようかと思います。 これで、WiFi接続、Web読み取り、Web書き込みなどが一通りESP32で試すことができます。 しかもLine通知であれば、スマホでも確かめることができるので、ちょっとは実用的かなと思います。

 ところが、始めてみたものの、なかなか、ピッタリの実例が見つからず、ちょっと苦労しています。 まあ、実例をインストールしたら動いてしまった。 なんていうよりも、勉強になるかも。 そんなんで、ESP32のPythonによる実例が、なかなか見つからなかったので、まずはRasPiで小手調べを。 固定メッセージをLineに通知するものですが、RasPiなら僅かなコードだけで、簡単に実現できますね。

210404_iot_express_21.jpg

 同じコードをuPyCraft経由でESP32に送ってみましたが、どうも、このままでは上手く動きません。 もちろん、ESP32の場合はあらかじめ、WiFi接続を確立しておく必要がありますが。 なんだか、最初に記述したように、ESP32の事も、まだ、良く理解していないですし、統合ツールであるuPyCraftの操作も、時々訳が分からなくなってしまう状態ですので、なかなか前に進みません。

210404_iot_express_22.jpg

 そんなんで一時はハードを疑ってみましたが、Arduino IDEのC類似のコードでは、上手く動いています。 うむ~、やっぱり、Micro Pythonのコード記述がまずいのかな? もう、余り、参考になる情報も見つかりませんし、こうなったら、一行ごとに動作を確認していく、しらみつぶし法で問題点を見つけるしかありませんかね。 まあ、コロナ騒ぎで時間は充分にありますので、ボチボチと理解を進めていくことにします。

210404_iot_express_23.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .